車庫証明(単品)

普通車の自動車保管場所証明申請(車庫証明)と軽自動車の自動車保管場所届出(車庫届出)のみのサービスです。名義変更や住所変更とあわせてお考えの方は

→「名義変更・住所変更一式」からご確認ください。

書類作成や加筆、弊所が必要と判断した場合の現地調査を想定した価格です。必要書類の代理取得や訪問納品(至急便)などの別業務を除き、些細なことでひとつひとつ追加料金は発生しませんのでご安心ください。

※車庫証明を取得する市区町村名をクリックすると個別料金と業務詳細のページが表示されます。

地域市区町村
東京都
区部
(23区)
多摩地域
(東京都下)

(以降軽自動車車庫届出適用除外地域)

  • あきる野市
  • 武蔵村山市
  • 福生市
  • 羽村市
  • 日の出町
  • 瑞穂町
  • 奥多摩町
  • 檜原村※車庫証明不要地域
埼玉県

(以降軽自動車車庫届出適用除外地域)

  • 三芳町
  • ふじみ野市(旧大井町)
  • 吉川市
  • 松伏町
  • 春日部市(旧庄和町)
神奈川県

(以降軽自動車車庫届出適用除外地域)

  • 相模原市(津久井警察管内)
  • 綾瀬市
  • 愛川町
千葉県

(以降軽自動車車庫届出適用除外地域)

  • 野田市(旧関宿町)
  • 柏市(旧沼南町)
個別にご相談
  • 上記以外の地域
お問い合わせサイド

普通車(白・緑ナンバー)の車庫証明(単品)について

普通車(適用除外地域内や軽自動車以外の車)の場合、車庫証明申請によって交付される証明書は、名義変更や、住所変更の登録に際し最前提となる申請です。

「保管場所」を管轄する警察署に申請するのですが、まず申請に赴き、数日後に交付される証明書と標章(車庫ステッカー)を受け取りにまた赴く、というだけでも手間と時間がかかりますし、賃貸の駐車場の場合などは「保管場所使用承諾証明書」という書類を事前に地主さんや不動産管理会社などへもらいに行かなければなりません。

仮に書き間違って申請してしまった場合、交付される証明書がただの紙屑になってしまうことがあり、当然申請手数料も戻って来ず改めて申請することとなります。普通車の場合、前述のとおり、車庫証明が名義変更や住所変更の登録申請の添付書類の一つなので、そこでつまずくと先に進めなくなります。

車庫証明は一度覚えてしまうと難しいものではありませんので、警察の窓口で教えてもらいながら作成することも良い経験になると思いますが、お客様がそのリスクと時間的コストを考慮してご依頼を判断頂ければと思います。

実際ご依頼いただくと「意外と料金が高いなぁ」と思われるかもしれません。それはすべてこの「警察署へ2度赴かなければならない」ところにあります。なので名義変更などとセットにした割引料金をご用意しておりますし、追加料金とはなりますがや保管場所使用承諾証明書やその他書類の代理取得(お客様から地主様や不動産管理会社様への事前のご連絡が必要です)サービスも提供しています。

弊所では、車庫証明はあくまでも、いかに「お客様の手間やリスクを省くか」を問われる業務であると考えています。どうぞご検討ください。

申請から交付までの期間は警察署によって異なり、現在のところ、どの地域でもおおよそ「中2~3営業日」とお考えください。

軽自動車(黄・黒ナンバー)の車庫届出(単品)について

軽自動車の車庫届出は普通車の車庫証明とは性質が異なります。軽自動車の場合は「事後届出」、つまり先に名義変更や住所変更を済ませてから管轄の警察署に届出をします。整える書類は普通車とあまり変わりませんが必要書類や書式が多少異なります。

「事後届出」だからといって、名義変更などを終えたにもかかわらず、届出をせずに放置する方もたまに見受けられますが、警察では定期的にデータを必ずチェックしていますので、後から後悔することがないようにきちんと法令を守りましょう。

軽自動車の場合は届出ですので基本、即日交付となります。

ご依頼の流れ

ご連絡・書類整備

無料お問い合わせフォーム、メール、またはお電話でご連絡ください。

事前にご準備いただく書類と料金をご説明します。料金は原則、表示の価格ですのでご了承ください。整った時点で書類一式を郵送にて送っていただきます。

書式は「登録・車庫書式集」からダウンロードしプリントアウトしてご利用いただくか、説明と返信用封筒を同封した書式を郵送することも可能です。

着手

書類をお預かりしましたら直ちに申請・届出を行います。書類確認、作成の過程で必要だと判断した時は、万全を期すために申請・届出前に現地調査を行います。調査に費用はかかりませんのでご安心ください。

完了(納品)・清算

車庫証明、保管場所標章(車庫ステッカー)が交付されましたら郵送(レターパック)にて納品いたします。

ご指定先への納品(自動車販売会社様や関連団体様など)をご希望の場合は、なるべく早めにお知らせください。

代金は業務の完了時にお渡しする請求書に基づきお支払いいただきます。

料金加算となるケース

以下の業務には別途加算料金が発生します。ご依頼の段階でお見積り金額を提示いたしますが、必要書類のお預かり後や業務遂行中に料金加算を要するイレギュラーが発生する場合があります。その際にはお客様に直ちにお知らせし判断を仰ぎます。

加算項目内容・金額
必要書類の
代理取得

エンドユーザー様からの書類回収、不動産管理会社などからの保管場所使用承諾書の受領、役所からの住民票取得など

<基本料金¥3,240>

弊所手配による郵送取得の場合

<基本料金+送料>

取得先への訪問を要する場合

申請先と同一地域へ、申請同日訪問

<基本料金+訪問地域加算>

申請先と同一地域へ、別日訪問

<基本料金+訪問地域加算×訪問回数>

※それぞれ、取得先へ支払う手数料は別途

直接納品

交付書類をご指定先等へ直接訪問納品する場合

<基本料金¥3,240>

受領同日納品、時間指定なし

<基本料金+訪問地域加算>

受領同日納品、時間指定あり

<基本料金×2+訪問地域加算>

※弊所の都合で訪問納品した場合はかかりません

※スケジュールの都合でお受けできない場合があります

<参考>

お問い合わせサイド
株式会社自動車生活総合研究所 一般社団法人自動車生活総合研究所

ページの
TOPへ

Copyright © 2013-2016 OSAKU certified administrative procedures and legal specialist's office All rights reserved.ver 2.02